SFIDA-MARKETでは、脱炭素(カーボンニュートラル)に向けて作られた食材を提供しています。

​生産者PR

熊本天草 海老の宮川様

​生産者PR

2030年度エネルギーミックスにおける再エネの目標導入量

2030年度の目標値では、3,300〜3,500億kWhの再エネ導入を目指しています。再エネの導入を最大化するために、太陽光発電だけでなく、風力発電を導入したり、新築住宅の「ZEH」(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス=高断熱化と効率的な設備システムの導入により、大幅な省エネを実現した上で、太陽光発電など再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅)化を進めていきます。同時に、災害などの安全面の不安や環境への影響などを最小化する対策を進めていきます。

kobegyu.jpg

​神戸牛・但馬牛

This is a Paragraph. Click on "Edit Text" or double click on the text box to start editing the content.